頻繁に更新できるように頑張ってま~す(*´ω`*)

オーガニックドッグフード★おすすめランキング

 

 

添加物やオイルコーティングの危険性

 

市販のドッグフードの多くは着色料、香料や酸化防止剤などの添加物が大量に含まれおり、

更に食いつきをよくするために動物性油脂を使いコーティングが施されてます。

このオイルコーティングも犬の健康にとってよくないことが知られてます。

 

ほたる

袋を開けた瞬間
めっちゃイイニオイがするからお腹が減るよー

はなび
ほーちゃん、
あれってオイルコーティングのニオイだって知ってた?
ほたる
知らない、なんで?
はなび
ホーは分かってないな~
あの匂いがするドッグフードって酸化防止剤を大量に含んでるから健康上よくないんだよ
オイルコーティングされたドッグフードは酸化しやすいため
酸化防止剤が沢山使用されています。
・BHA(プチルヒドロキシア二ソール)
※ 発がん性の報告があるが、大量に使用した場合にしか人体には影響がないことが研究結果で発表されている。しかし、動物に対しては発がん等の影響があることの証拠がある。
・BHT(プチルヒドロキシトルエン)
※ 発がん性は確認されてませんが変異原性と催奇形性の疑いがあることが指摘されている。
・エトキシキン
※ 非常に強い抗酸化作用を持つうえ安価で製造できるため各国で飼料に使用されてますが、日本では食物添加剤及び農薬にも使われていません(家畜と魚の飼料の使用あり)。しかしドッグフードに対する添加物に対しての規定は非常に緩く、人間の食物に対しての許容残留量が1ppmなのに対してドッグフードは75ppmとなっているのが問題視されている(75倍が認められている)。
変異原性:突然変異を起こす頻度を上げる性質(遺伝子毒性ともいう)
催奇形性:胎児に奇形を生じる危険性質

 

 

自称オーガニック

 

このマーク(有機JAS規格)が表示されているドッグフードは

国際基準を満たしているので問題ありません。

 

日本では沢山の『オーガニックドッグフード』が流通してますが、

多くのオーガニックドッグフードが国際基準を満たしていません。

オーガニックと言ってても添加物を使用しているドッグフードもあります。

 

 

自称オーガニックフードに騙されないように注意しましょう。

 

 

 

ドッグフードはどう選べばよいの?
オーガニック認証機関の認証があるドッグフードを選びましょう(ex. 有機JAS規格)。
ドイツ:Bio-Siegel認証、Bioland認証
フランス:AB認証
オーストラリア:BFA認証
オランダ:EKO認証
ノルウェー:Debio認証
スウェーデン:KRAV認証
カナダ:COR認証
アメリカ:USDL認証

 

 

 

ランキング

 

1.Plaiaden プレイアーデン プレミアムケア
 
アレルギーがあるワンちゃんにはもってこいのドッグフードです。

アレルギーの原因になりにくい雄鹿肉を使用、高タンパクかつ低カロリーを実現。炭水化物にグルテンフリーのお米とポテトを使用、更に軟骨成分を配合。植物アレルギーに配慮したオーガニックドッグフードです。(ドイツ)

2.K9ナチュラル フリーズドライ ラム・グリーントライプ
 
レギュラードッグフードではなく、他のドッグフードに混ぜて使用してます。

子羊の内臓をそのままドライにしてるので匂いますが、ワンちゃんには至高のニオイなのかも!?そもそも犬は食物繊維を他の動物の内臓を食べることで補ってたので、内臓のニオイがするドッグフードは最高のご褒美なんだと思います。おやつとしても使える一品です。(ニュージーランド)

3.C&R オーガニック ドッグ
 
グルテンフリーとしてリニューアル、よりアレルギーに配慮されました。

合成保存料に頼ることなく保存性を確保しております(パッケージは高気密、脱酸素方式包装)。自然食であることを大前提としているのでホルモン剤、抗生物質がされていない食用肉のみを調達、与えられる畜産用飼料も化学合成添加物を不使用の穀類を使用してます。(オーストラリア)

 

4.アーガイルディッシュウィステリアアダルト
 
クロレラ、ユッカハーブを配合して栄養素の吸収を高めてます。

厳選されたオーガニックラム&ビーフを使用し、更に植物性タンパクを配合しアミノバランスを整えてあります。皮膚や被毛の健康をサポートするオメガ3&6もバランスよく配合してあります。(オーストラリア)

 

5.ボッシュ ハイプレミアム 小型犬 成犬向けラム&ライス
 
 

排出器官・消化器官や皮膚の状態及び健康に問題があるワンちゃんの為に低たんぱく・低ミネラルに設定して作られたドッグフードです。消化性に優れボッシュのドッグフードの中でも特に消化吸収が良くなってます。

尿の中の老廃物の総量を抑えることを考えて作られているので、タンパク質やミネラル類の摂取制限を受けている場合にも適用できます。(ドイツ)

※ ワンちゃんによって好き嫌いがある可能性があるのでご注意ください。

 

 

ほたる
その他
お勧めオーガニックブランドは↓↓↓だよ
SOLVIDA

様々なタイプがあるドッグフード、ワンちゃんに合わせたドッグフードが選べる(アメリカ)
Terra-Pura

100%オーガニック認証のBioland認証を取得(ドイツ)
YARRAH

ヨーロッパではNO1のシェア(オランダ)
アランズ

筋肉・皮膚・被毛・骨格などを作り出すアミノ酸から構成(イギリス)
ZIWI

食いつきが最高によい。我が家では一番人気(ニュージーランド)
Natural Balance

皮膚や歯、神経など犬の体全体の健康をサポートしてくれる(アメリカ)
WYSONG

チキンを主体とした成犬用のオーガニックドッグフード(アメリカ)
国産ドッグフードチキン deli

100%国産にこだわった製品(日本)

※ 一部無添加ではない商品がありますが、高品質のものばかり厳選しました。

 

 

 

まとめ

いかがでしたか?

健康を維持するための毎日の食事だから、できるだけ良質なドッグフードを選びたいですね。

我が家でもオーガニックや無添加にこだわって厳選しドッグフードを選んでます。

これからもよいドッグフードを発見したらブログに掲載しますので宜しくお願いします。